1964年10月7日に生まれた方の開運法

    【開運法】
    甲辰年・癸酉月・己丑日に生まれたあなたの開運キーワードは、「マイペースで生きる」です。
    自分一人で出来る仕事をすると良いでしょう。
    自力運の強い人なので、自分の努力が成功の鍵になります。
    単独で出来る仕事なら、自分らしい仕事が出来るでしょう。
    あなたは、他人の指図や命令に従うタイプの人ではありません。
    すべてマイペースで物事を進めたい人なので、自分の好きなことを、自分に合ったやり方で、自分のペースで出来る仕事をすると良いでしょう。
    そのためには継続が必須になりますから、本当に好きな仕事を選ぶことが重要です。

    【己丑の性格】
    性格は、穏やかで静かな人となります。
    また、温和な人柄から、日々の生活の安定を願います。
    毎日を自然体で力むことなく過ごし、現実的な利益中心の世界とか、競争の激しい世界は嫌います。
    当然会社に入っても猛烈サラリーマンにはならず、出世コースから外れてしまうこともあるでしょう。
    しかし、金銭欲・名誉欲が強い性格ではなく、平穏な生活を望む人ですから、苦にはなりません。
    焦らず、急がず、のんびりと我が道を行く人となります。
    ある面では平凡な人生に対する執着心が強く、⾧生きの人生を粘り強く送ることにもなります。

    【癸酉の性格】
    性格は素直で誰からも良い子だと言われるタイプになります。
    思考力もあり、知識の幅も広くなります。
    当然のこととして、子供時代から頭の回転が早いため、記憶力が良く、頭の良い子になります。
    性格的な欠点は、品性の伴わない知性となる場合があり、思考力が良くても同時に品性まで良いとは限らないことです。
    このような人は、子供時代の情操教育(感情や情緒を育み、創造的で、個性的な心の働きを豊かにするための教育、および道徳的な意識や価値観を養うことを目的とした教育)が重要となり教育次第で品性が身に付くようになります。
    もし、品性が身に付くことがない場合は、世渡り上手な、ズル賢い人間になる恐れもあります。

    【甲辰の性格】
    性格は、激しい気質が内面にありますが、それが外側に現れてきません。
    内面に持つ性格の激しさから、運勢も時には荒くなり、それだけに人生の壁が大きい人にもなります。
    人生の壁が厚く大きい時はそれを乗り越えるのは至難の業です。
    その時に一歩ずつ神の領域に入っていくことになります。
    神の領域に入っていくとは、信仰心が段々芽生えていくということです。
    そのため、人生を経過していくごとに信仰心が厚くなり、若い内は全くの無信心の人であっても、年を取ってくると信仰心が芽生えていきます。
    その信仰心も自分のためではなく、家族のため、皆のため、多くの人のためと段々に広がっていきます。
    日常の心の在り方は段々と地味になっていき、控え目に自分の置かれた環境に逆らうことなく努力していく人です。

    【己丑の生き方】
    生き方は、性格と同様粘り強く、堅実な生き方となり、確実に一歩一歩の前進となります。
    人生を決して後戻りすることなく着実に前進していきますので、晩年には(⾧命)見事な財が残ることもあるでしょう。
    焦らず急がずの人生であれば、見事な幸福が築かれます。
    しかし、急ぎすぎてしまったり、結論を早く求めすぎてしまいますと、運が崩れていきます。
    他者からの力量を謙虚に借りて、焦らずコツコツと積み重ねの人生を意識することで、晩年期は大きな飛躍を遂げていきます。

    【癸酉の生き方】
    生き方は、人生を渡っていく晩年期に入ると、段々と信仰に引かれるようになったり興味を持ち、信仰心が生まれたりします。
    また、宗教的なことを取り入れた生活態度になったり、宗教心厚い人生になって充実する生き方となります。
    運勢的にトップに立つよりは縁の下の力持ちのような生き方、補佐役的な生き方が適役となります。
    幼少期に多くの友人に恵まれることにより、人生の中で多くのチャンスに恵まれる生き方となります。

    【甲辰の生き方】
    生き方は、控え目ながら一つのことに集中する所があります。
    人生の荒波も経験し、自分の経験を頼りに進んでいきます。
    ある意味において、揺るぎのない信念を持って我が道を進みます。
    控え目な行動でも、その生き方には集中力もあり、激しい所もあります。
    それだけに反対者も多く生まれるでしょうが、そんなことは、ものともせず進んでいくことです。
    ただし、女性の場合、仕事を取るか家庭を取るかの選択を迫られる場合があるでしょう。
    どちらも両立する器用な生き方ではありませんので、どちらかに決めなくてはなりません。

    【ラッキーカラー】
    ラッキーカラーは、黒ですので財布は黒色がオススメです。

    【ラッキーナンバー】
    ラッキーナンバーは、26 10 41

    カテゴリー

    あなたの財布にあることをするだけで金運アップする方法

    TOP